【第22回子ども虐待防止シンポジウムについて】

学術集会〔逐次通訳付き〕:
2019年 11月 9日(土)午前10時~午後6時

パネルディスカッション〔同時通訳付き〕:
2019年 11月10日(日)午前10時~午後4時30分

参加費:
一般 : 15,400円(税込)
会員 : 12,100円(税込)
学生 :   5,500円(税込)※大学院生・研究生・有職学生は一般扱いとなり学生料金ではご参加いただけません。

会場:ラジオ日本会議室(神奈川県横浜市中区長者町5-85 三共横浜ビル3F)

共催:認定特定非営利活動法人チャイルドファーストジャパン

【海外招聘講師】
Olga Trujillo氏:米国弁護士、コンサルタント
【日本人講師】
白川 美也子氏:こころとからだ・光の花クリニック 院長
菊地 祐子氏: 東京都立小児総合医療センター 心理・福祉科 医長
古田 洋子氏: 埼玉県中央児童相談所 常勤医師
【司会・座長】
山田 不二子: 認定NPO法人チャイルドファーストジャパン 理事長

弁護士としてまだ駆け出しだった頃、オルガ・トゥルヒーヨ氏は、「解離性同一性障害」(Dissociative Identity Disorder:DID。以前、「多重人格」と呼ばれていた病態)と診断された。広範な治療を受けた結果、オルガさんは世界的に有名な講演者となり、彼女の経験は『サバイバーの物語』(Survivor’s Story)というドキュメンタリーにまとめられ、教育用ビデオとして活用されている。さらに、オルガさんは2011年に『私の中のわたしたち ― 解離性同一性障害を生きのびて』(The Sum of My Parts: A Survivor’s Story of Dissociative Identity Disorder)を著作し、現在は、「解離性同一性障害(DID)」に対する誤解を解き、偏見を取り除き、正しい理解を進めるために活動している。

シンポジウムのご案内のダウンロードは こちら (PDFファイル)